スポンサードリンク

ティーカッププードル

ティーカッププードルとは、
ティーカップに入るほどの極小なプードルという意味で、
本当にティーカップに収まり前足をちょこんとのせた姿は、
まるでぬいぐるみのような愛らしさです。

ティーカッププードルは正確に言えば血統書上の犬種ではなく、
あくまでもサイズに関する名称です。
ティーカッププードルとしての血統書は発行されませんので、
注意が必要です。

犬の血統書を発行する機関、ジャパンケネルクラブで
認めているプードルはスタンダード、ミニチュア、
トイの3種のみです。

ティーカッププードルはもう10年以上前から
アメリカでは呼ばれていました。
ティーカッププードルは、成犬でも体重が1.5sほどの
重さしかありません。

ティーカッププードルといっても、プードル犬ですから、
性格や学習能力が高く頭がいい賢さはプードルと同様です。
ただし、小型犬になればなるほど飼い主に対する
依存心が強くなる傾向にあるようです。

お人形のように可愛がってしつけを怠ると、
頭の良さに飼主が振り回されることになります。
主従関係をしっかりと築くしつけが大切です。

ティーカッププードルはとても小さい分、内臓が弱かったり、
足の骨は非常に細く筋肉もあまりついていませんから、
脚が弱く、膝蓋骨脱臼・骨折には特に注意が必要です。

体が小さいので些細なことでも、
ティーカップ・プードルにとっては
とても大きな影響を受けることになります。
小型犬に対する人気は根強く、
最近はティーカッププードルの人気が高まる反面、
悪質なブリーダーも増えています。

悪徳業者は小さいトイプードルを、
勝手にそう呼んで高値で販売します。
「ティーカッププードル」と言われて購入したのに、
血統書に「トイプードル」と書かれていたら、
もうそれは・・・

信頼のおける業者から購入することをお勧めします。




You tubeからティーカッププードルの画像を
お借りしてきました。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。