スポンサードリンク

プードルは賢い!

プードルは、もっともしつけやすい犬種です。
慎重で、命令に対する反応もよく、感性豊かな性格で、
飼い主を喜ばせようといつも努力する犬種です。

プードルは、フレンチ・プードル、
フランスの国犬とも呼ばれています。
プードルという名称は、
ドイツ語の「pfudel(水たまり、水がはねる)」に
由来しており、プードルが水の中で行動するのに
優れていたことを証明しています。

フランスでは、「chien canard(カモ犬)」、
それが変化した「caniche」などと呼ばれていました。
プードルは軍用犬、盲導犬、番犬、
大道芸人の馬車引き犬として利用され、
さらに多芸犬としてサーカスにも。

プードルの独特の毛の刈り込みは、
この犬が水猟犬だったころ水中での活動を
スムーズにさせるために
なされたものが始まりのようです。

16世紀頃から貴婦人たちに愛されるようになり、
小型化の改良が進み、
ミニチュア・プードルが誕生しました。
18世紀、さらに小型化したトイ・プードルが登場ししました。
トイプードルは28cm以下、 3kg前後という小柄な体で、
毛の種類は茶色だけでなく、ホワイト・レッド・ブラックなど
14種類もあります。

テディベアカットのぬいぐるみのような
かわいさが人気の秘密です。
トイプードルの性格は、学習能力が高く頭がいい犬種です。
飼い主の家族にもよくなつき、飼い主に対して
甘えん坊でうれしい時の
表現力の豊かさは人気の秘密です。

来客に対する態度は、愛想も振りまきませんが
威嚇することもありません。
トイプードルはいつも一緒にいたがる性格で、
常に飼い主の後を追いかけて、
または先回りして行動を共にしたがります。

トイプードルには人との交流が大切です。
命令に対する反応もよく、感性豊かな性格で飼い主を
喜ばせようと一生懸命努力するところも人気の秘密です。
しつけは、どちらが主人であるかを
ハッキリさせてあげることが大切です。

良い事とやってはいけない事をきちんと
教えて理解させることが大事です。
愛犬の幸せのためにも、しっかりとしつけし、
主従関係を築いてあげましょう。



この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。