スポンサードリンク

ボストンテリア


ボストンテリアは、一見すると
ブルドックの小型犬かと思ってしまいます。
確かにブルドッグの祖先たちの性質を
いくつも持ち合わせていますが、
ブルドッグよりも小型ですっきりしているので
家庭のペットとしても最適です。

ボストンテリアは、1880年頃にブルドッグと
テリアの交配によって生まれたアメリカ原産の犬種です。

その当時は大型でしたが、
その後小型犬との交配を繰り返し、
体高40p以下、体重10s以下まで小型化されました。

成犬時の体重は男の子で約7.0s前後、
女の子で約6.5s前後です。
ボストンテリアは、とても知能が高くて賢明な犬です。

もともとは闘犬目的で作り出された犬種で、
ブルドッグやボクサーの血を引いていますが落ち着きがあり、
争いをけしかける事をしない為、飼い易い犬種と言えます。

ボストンテリアの魅力は、その容姿にあります。
艶のある短い被毛は、主体カラーの黒と
ホワイト・マーキングの組み合わせが大きな特徴で、
まるでタキシードを着たかわいい紳士のようです。
「おむすび顔の小坊主」と表現した人もいます。
黒く大きな瞳と、つぶれたような鼻が印象的で、
見る人を思わず惹きつける愛くるしさが魅力です。
ボストンテリアは、室内での飼育に適していることも
魅力の一つです。

ボストンテリアは、最近人気が高まっていますが、
ボストンテリアのブリーダーは少なく、
JKCでの登録数も少ない犬種ですので、
購入される場合には信頼のおけるブリーダーから
買い求めることをお勧めします。

ボストンテリアは骨格がしっかりとしており、
身体は小さな頃から丈夫です。
短い披毛なので夏は涼しそうですが、
暑さに弱いので、特に真夏の暑さには気をつけて、
室温を調節してあげる必要があります。
トリミングの必要はありません。

ブルドッグ顔が大好きな人で、
スポーツ万能の犬を探している方には
もってこいの犬種だと思います。



この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。